相続税で損をしない|知識が必要とされる経理は税理士に指導を依頼しよう

知識が必要とされる経理は税理士に指導を依頼しよう

女性

相続税で損をしない

メガネと本

専門サービスが人気です

亡くなった人が残した財産を相続するケースがしばしばあります。血縁があるというだけで何もしなくても財産をもらえるわけですから、一見とてもお得なように見えます。ただし、遺産の価格によっては、相続税の支払い義務を負うことになります。以前は課税控除額が大きかったので、いわゆる富裕層にしか相続税が課税されませんでした。しかし、税法の改正によって課税控除額が大幅に縮小された結果、東京都内にマイホームを持っていた人が亡くなった場合だと、かなり高い確率で相続税が課税されるようになりました。そのため、東京在住の人にとっては、相続対策が他人事ではなくなってしまったのです。早い段階から相続対策を講じておかないと、遺族に負担がかかってしまう可能性があります。とはいえ、税法に関する専門知識を持っていないことには、適切な対策を講じることができません。そこで注目されるようになったのが税理士の存在です。東京には個人向けの相続サポートサービスを提供している税理士がたくさんおり、実際に多くの東京都民が税理士を利用しています。

何を頼めるのか

税理士が取り扱える業務の内容については、法律で厳格に定められています。ごく大雑把に言ってしまうと、税務書類の作成や納税手続き、税金に関する相談業務などを行うことができます。他人からの依頼に応じてこれらの業務を行うことが法的に認められているのは、税理士資格を持っている者だけです。無資格者は、たとえ無償だったとしても、税務書類の作成や納税手続きを代行することはできません。個別具体的な税務相談についても同様のことが言えます。相続のシーンに限定して考えると、生前にやっておくべき節税対策を教えてもらったり、税金で損をしてしまわない遺産分割方法を教えてもらったりすることができます。もちろん、面倒な税務書類の作成や納税手続きについても、全部丸投げしてしまうことができます。相続税には、被相続人の死亡から10ヵ月以内という納付期限があるため、税理士に任せてしまう人が増えてきています。