泣き寝入りはしないこと|知識が必要とされる経理は税理士に指導を依頼しよう

知識が必要とされる経理は税理士に指導を依頼しよう

女性

泣き寝入りはしないこと

弁護士

弁護士に依頼

B型肝炎は、全身倦怠や食欲不振、黄疸や褐色尿などが出現する病気で、HBVというウイルスによって感染します。この病気は、一過性のものもあれば、症状が継続するものもあり、病気が進行してしまえば、肝不全などにもなりかねないものです。そして、集団予防接種や出生時の母子感染によるB型肝炎は、生涯にわたってこの病気に悩まされるケースが多いことが判明しています。なお、B型肝炎がこれらの医療行為によって感染していることが明らかな場合には、B型肝炎給付金が国からの損害賠償請求金として支払われます。この給付金は、原則として弁護士に相談し、証拠集めを行い、国を相手にした訴訟・和解によって支給されます。給付金請求を弁護士に依頼するメリットは、体力的な負担を減らすことが出来るとともに、弁護士費用も給付金に上乗せされることにもあります。このような理由から、B型肝炎訴訟に多くの実績を持った弁護士に、訴訟を依頼するケースが増えています。

遺族からも請求可能

B型肝炎給付金の額は病状によって異なりますが、肝硬変や慢性肝炎などを発症している場合には、1000万円を超える額が支給されます。また、肝臓がんや重度な肝硬変の場合には、3600万円が支給され、これに弁護士費用や訴訟費用が加算される格好となります。そして、知っておいたほうが良い情報としては、既に病院経路で感染したB型肝炎で死亡している場合にも、給付金が支給されるという点です。亡くなった方の遺族が代わりに、給付金請求訴訟を行うことができ、カルテなどで証明することができれば3600万円が支給されます。例えば、母子感染していて親が既になくなっている場合を考えますと、ご自身の請求と親の支給額を同時に請求することが可能となります。既に患者が死亡しているからと言って泣き寝入りするのではなく、専門家に相談してみるなどの対応を取ることをおすすめします。