知識が必要とされる経理は税理士に指導を依頼しよう

弁護士

相続税で損をしない

メガネと本

相続税の課税控除額が縮小された結果、東京では相続税の支払い義務を負う人が増えました。できることなら支払う税金の額を少しでも減らしたいと考えるのが人情ですが、その相談にのってくれるのが税理士です。税務署類の作成や納税手続きなども頼むことができるため、東京では多くの人が税理士を利用しています。

Read More...

泣き寝入りはしないこと

弁護士

B型肝炎の感染経路が集団予防接種や母子感染である場合には、国を相手に給付金の請求訴訟を起こすことができます。給付金の額は1000万円を超えるものもあり、既に患者が死亡している場合にも支給されます。泣き寝入りすることなく、B型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してみましょう。

Read More...

企業のかなめになる仕事

ジャッジガベル

重要な仕事

会社を経営していくうえで重要なことは利益を上げていくということになります。会社の売り上げや費用、預金や現金、資産の状況をなどを計算して書類にしなければなりません。その書類を参考にして経営計画を立てていきます。この書類を作っていくためには会計伝票のほかに、現金出納帳や売上帳、仕入帳や経費帳など会社や事業主の業務の内容によって、いろいろなものを参考にして作られていきます。これらの書類を記帳したり整理したりすることを経理と呼んでいます。この経理がしっかりとしていないと先々の予測もできなくなり、現状の事業の状態も把握することができなくなってしまいます。そこで毎日とはいかないまでも一定の期間を決めて伝票をつけて、帳簿を整理していくことが大変に重要になってきます。

税理士を活用して

これらの経理の仕方がしっかりとしていないと、企業の現在の状況を正確に把握することができず、予期をしない資金不足などのトラブルが発生しかねません。ですから企業にとって経理というのは大変重要なものになっています。小規模の会社や個人事業主の場合は、内容を簡略化して経理のシステムを構築する場合が多く、コンピューターの発達とともに商品の販売や購入についてはコンピューター化する企業も増えてきています。最近ではこの経理の作業の指導を税理士に依頼する企業も多くなってきています。経理というのは企業の命綱ともなりますので、信頼ができる税理士に依頼する必要が出てきます。信頼関係を築くことができれば、その企業の顧問税理士になる税理士になる人もいます。

払いすぎた利息を回収

裁判所

過去にキャッシングやカードローンを利用していた方は、利用明細でグレーゾーン金利で借りていないか確かめましょう。グレーゾーン分は過払いとなり回収できるので、静岡で過払い金請求を得意とする弁護士や司法書士に依頼して全額回収をしてください。

Read More...